広島県かなわ水産さんの牡蠣筏見学


JUGEM【ジュゲム】充電バルの後藤です。

JUGEM【ジュゲム】スタッフと姉妹店六本木LESSOR【レソール】のスタッフで広島県江田島市大柿町のかなわ水産さん
牡蠣筏の見学に行ってまいりました。

 

広島駅から車1時間20分、
そこから船に乗せてもらい
瀬戸内で1番大きい無人島の大黒神島へ 。

 

無人島なので生活排水の影響を受けず、雨が降っても農薬が流れてこない環境。
広島県指定の生食用かき採取指定海域の中でも特に水が綺麗な場所で河川からも遠いために塩分濃度が高く、身が締まった味に深みのある
牡蠣に育ちます。


清澄な海なために牡蠣のエサとなる植物性プランクトンが少なく牡蠣が生きる環境としては過酷。
しかしながら安全性の高い海の中でゆっくりと時間をかけて旨味を蓄えながら育った牡蠣は、小振りながらも濃密な旨味が凝縮しています。

 

加工工場の設備見学もさせて頂き
温度管理、衛生面、作業工程も素晴らしく
様々な工夫や仕組みについても説明頂きました。

 

その後、昼食を兼ねて試食させて頂きました。
生牡蠣はそのまま、中のジュースを絞るように口に入れると濃厚な旨味、コクがあり、レモンなど余分なものは何もいらない。
一口で素材の素晴らしさが伝わる味でした。

 

三保社長のオススメ日本酒
真澄yawaraka type-1とのマリアージュも素晴らしく
その他カキフライや牡蠣ごはん、オイスターソース、スモーク、佃煮と色々と試食させて頂きました。
もう牡蠣好きな自分としては至福の時間でした。

 

JUGEMでも11月3日からしっかりと扱えるようにメニュー内容や提供方法を考えていきます。

三保社長、弘太郎さん
色々勉強させて頂きありがとうございました。

JUGEM 後藤